Concept

 

「金物家具のかなでもの」は、自社デザインの金属脚と、杉無垢材、桧、唐松など様々な種類の木材の天板を組み合わせたテーブルを中心に、シンプルで普遍的、洗練されたデザインのインテリアプロダクトをオンラインショップで販売しています。

かなでもののテーブルは、「このサイズで、この木の天板に、この形の鉄脚」などのオーダーがスタンダード。製造工程の見直しや効率化、オーダー内容の自動図面化、部材の規格化などを行い、空間にぴったりのテーブルを、リーズナブルに短納期で提供することを実現しました。

また金属脚については、国内最多70種類以上の金属脚をセミオーダーで注文できることを可能にしました。

納期や価格面だけでなく、デザインにももちろんこだわります。日本に古くからある「無駄のない」「削ぎ落とされた美しさ」の感覚は、かなでものプロダクトの根底にあります。

金物家具のかなでものでは、こだわりをもってインテリアを選択する人々が、気軽にリーズナブルに、そして納得してハイセンスな家具を購入できるように、以下の3つのポイントにフィーチャーして事業を行なっています。

Features

 
3G_14491.jpg

素材感を活かす

無垢材の木肌がもつ温もりや木目の美しさ、無垢鉄のもつ金属の質感や重厚感など、かなでものでは、その素材がもつ質感を最大限に活かすために、ひとつひとつの加工の工程にこだわり、さらに丁寧な職人の技術を以って、納得のいくプロダクトに仕上げています。

edited.jpg

こだわりの金属脚

天板とテーブル脚の関係は、かの魯山人の名言「器は料理の着物」に似ていると考えます。「器を含めて全体としての料理を考える」ことの大切さは、テーブル脚がテーブル全体の印象を決める重要なパーツであることと通じます。それを認識しているかなでものでは、金属脚に特にこだわり、自社で企画、製造しています。

3A_14420.jpg

気軽にカスタムオーダー

「部屋にぴったりのサイズのテーブルが見つからない」「特注のテーブルは高価だし時間がかかる」このような不満を解消するために、製造工程の見直しや効率化、部材の規格化などを行い、空間にぴったりのテーブルを、リーズナブルに短納期で提供することを実現しました。

 
 

Key Items

 
 

Official Online Shop